PHASE2 LOG

主にIT関連・ゲームのログ

Javaのお勉強~Scannerクラス~

      2016/12/13

入力機能を提供するScannerクラスの使い方を見ていきましょう。

Scannerクラスの使い方

◆キーボードからの入力

引数にSystem.inを指定すると、キーボードから入力されたデータが入ります。

(例)

Scanner test1 = new Scanner(System.in);

 

◆文字列を入力の元にする

引数に対象の文字列を指定すると、変数内の文字列が入ります。

String song = “Let Me Hear”;

Scanner test2 = new Scanner(song);

 Scannerクラスのメソッド

メソッドの例は下記の通りです。

メソッド名 働き
close() 現在のScannerをクローズ
next() 値を取り出す
hasNextInt() 次に取得できるintがあるか調べる

 

それでは実際にScannerクラスを利用した例を見てみましょう。

import java.util.Scanner;

public class ScannerTest {
public static void main(String args[]){
Scanner test = new Scanner(System.in);

System.out.println("あなたの名前は?:");
String name = test.next();

System.out.println("あなたの年齢は?:");
int age = test.nextInt();

test.close();

System.out.println("名前:" + name);
System.out.println("年齢:" + age);
}
}

 

上記を実行すると「あなたの名前は?:」や「あなたの年齢は?:」で入力した値を取り出して

変数に代入し、出力されるようにしています。

 

あなたの名前は?:
RINA

あなたの年齢は?:
24

名前:RINA
年齢:24

 

特にむずかしいことはなく、簡単に使えますね!

 

人気ブログランキング

 -