PHASE2 LOG

主にIT関連・ゲームのログ

Javaのお勉強~メソッドについて~

      2016/03/12

 

今回はメソッドについてお勉強します。

 

メソッドついて

 

メソッドとそれに関連する概要を整理してみました。

メソッド:処理を行うプログラムの部品のこと

引数:処理の材料になる値

戻り値:処理を行った結果の値のこと

 

以下はaとbを足し算する処理(メソッド)の例です。

class Method {
		int Sum(int a, int b){
			int test;
			test = a + b;
			return test;
		}
	
}

 

Sumがメソッド名で、その前に記述されているintが戻り値の型となります。

()の中は引数を受け取る変数です。

最後のreturn文はメソッドを終了して戻り値を返します

 

もしaに1、bに2が引数として渡されると

このSum()メソッドはint型の3を返すというわけです。

 

戻り値や引数を持たないメソッド

 

戻り値や引数がないパターンのメソッドもあります。

3パターンで解説してみます。

 

1.戻り値がないパターン

戻り値がないというのは値の返却が必要でない場合です。

戻り値がない場合は戻り値の型にvoidと記述します。

public class Method1 {
	static void Print(int n){	//戻り値がないメソッド
		System.out.println("値は"+ n);
		return;	//省略できます
	}
	
	public static void main(String[] args){
		Print(5); //Printメソッドに引数5を渡す
	}
}

戻り値がないと、return文も必須ではないので省略できます。

上記ではmain()メソッドでPrint()メソッドが呼ばれて、受け取った引数を出力しています。

ちなみに、staticという記述についてはまた別の記事でお勉強します。

 

 

2.引数がないパターン

public class Method2 {
	
	static int Sum(){	//引数がないメソッド
		int a;
		a = 5 + 10;
		return a;	//戻り値aを返す
	}
	
	public static void main(String[] args){		
		int c = Sum(); //引数が不要
		System.out.println(c);
	}
}

 

この場合はSum()メソッドでは引数がいらないため、main()メソッドで

引数を渡す必要がありません。(※渡そうとするとエラーになります)

main()メソッドのcに、Sum()メソッドで処理した結果が代入されます。

 

 

3.戻り値も引数もないパターン

引数も戻り値もないというのはメソッド同士の間でデータをやり取りする

必要がないときですね。

戻り値がないのでvoidも必要です。

例としては以下のような感じです。


public class Method3 {
	
	static void Nashi(){	//引数も戻り値もないメソッド
		System.out.println("引数も戻り値もありません");
	}
	
	public static void main(String[] args){		
		Nashi();
	}
}

この3パターンもしっかり押さえておきたいところですね!

人気ブログランキング

 -