PHASE2 LOG

主にIT関連・ゲームのログ

Javaのお勉強~論理型について~

      2016/03/12

この記事では論理演算についてお勉強です。

 

boolean型(論理型)

 

boolean型はtrueかfalseのどちらかを返します。

public class Boolean {
	public static void main(String[] args){
		int a = 10;
		int b = 10;
		
		boolean Test1 = a == b; //「==」は等しい
		boolean Test2 = a != b; //「!=」は等しくない
		
		System.out.println("a==b" + "→" + Test1);
		System.out.println("a!=b" + "→" + Test2);
	}
}

 

Test1はaとbが等しいとtrue、等しくなければfaleseを返します。

Test2はその逆で、aとbが等しくなければtrue、等しいとfaleseを返します。

 

つまり、条件に当てはまればtrue条件に当てはまらないとfalseになるというわけですね。

 

条件演算子について

 

条件演算子では「?:」を使います。

「?」の前が条件式でその結果がtrueであれば「:」の左側falseであれば「:」の右側の値を返します。

以下はその使い方の例です。

 

public class Boolean {
	public static void main(String[] args){				
		boolean a = true;
		boolean b = false;
		
		int left =   a ? 0 : 1; //aはtrueなので左側
		int right =  b ? 0 : 1;	//bはfalseなので右側
		
		System.out.println("aは" + "→" + left);
		System.out.println("bは" + "→" + right);
	}
}

 

これを実際に実行してみると

a→0

b→1

という結果になります。

 

 

他に論理演算子ではさらに複雑な条件を設定できますが、

図解が必要そうなので時間があるときに勉強してみます。

 

人気ブログランキング

 -