PHASE2 LOG

主にIT関連・ゲームのログ

GGアテンザの社外グリル自家塗装&取り付け

      2018/04/19

お正月ごろに暇でしたので、社外グリルを買って塗装し、アテンザスポーツGG3Sに取り付けてみました!

全然記事を更新してない当ブログですが、サーバの契約更新料も払ったことですし久しぶりに書いてます(笑)

社外グリルの購入

アップガレージのWebサイトにてメーカー不明品の社外グリルを見つけました!

お値段は税抜き2990円。

色は赤でしたが私のアテンザはグレーメタリック(29Y)なので似合わない。。

でも、塗装する前提で購入したので以下のような道具をそろえました!

・ホルツ カーペイントスプレー 純正カラー(29Y)

シリコンオフ → 油分を除去(脱脂)する。

・ボデーペン プラサフ → カラーを吹く前に塗る下地。

ボデーペン クリア → カラーを吹いたあとの仕上げ。

・4面サンドブロック → サンドペーパーの役割。塗装面を整えます。

・コンパウンド → 仕上げや塗装面をキレイにするために使用。

今回はメタリックカラーなので上記のような道具になりましたが

つや消し黒やパールカラーなど種類もいろいろあるので、

予定のカラーに合わせて準備しましょう!

 

塗装の流れ

塗装をするにあたって流れをイメージしておくと落ち着いて作業できます。

特に以下のHPが参考になりました!

車のグリルを塗装したい!自分でやるときの手順を分かりやすく説明

https://driveaccessory.com/grill-painting/

上記を参考に実際に実施した手順は以下になります。

1.グリルを洗う

2.足付け(→塗装面を磨くこと)

3.脱脂&サフ入れ

4.塗装

5.乾燥

6.仕上げの磨き

それでは1つ1つ説明していきます!

1.グリルを洗う

取り付け予定のグリルを中性洗剤で洗浄します。

ゴミや汚れをキレイに落としていきます。

2.足付け

1の洗浄の際に、一緒にグリルをスコッチブライトで磨きます。

前の塗装が落ちても問題ありません。塗装面全体を残らず擦ります

2まで終わったらグリルを乾かしましょう!

3.脱脂&サフ入れ

グリルが乾いたらシリコンオフを吹いて脱脂します。

油分が残っていると塗装の際にはじかれるのでしっかりやります。

脱脂が完了したらプラサフを吹いて完全に乾かします。私は一日乾燥させました。

また、プラサフ塗布後はこんな感じになります!

 

4.塗装

プラサフが乾いたら、耐水ペーパーやサンドブロックの#1500番あたりを使って

塗装面を磨きます。面のザラザラがなくなればOKです!

またシリコンオフを使用して脱脂したら塗装です。

ペイントスプレーを塗装面から30cmほど離した位置から吹いていきます。

塗料がたれないよう薄塗りで、色を何度も重ねて塗るとダマにならずキレイに仕上がります。

一気にやろうとせず、地道に塗り重ねるのがコツです♪

 

塗装が終わったらクリアを吹きますが、クリアを吹くタイミングは

クリアの缶スプレーにある説明に従いましょう。

ちなみに私が使用したクリアはメタリックカラーで塗装の2分~5分後となっていました。

5.乾燥

クリアの塗布まで完了したら乾燥させます。天候・季節によりけりですが

2,3日置くのが安全でしょう。(私は待ちきれずに1日乾燥(笑))

本当はグリルのゴミがつかないようにするべきなのですが、

ベランダとダンボールぐらいしか用意できないのでほこり対策は諦めました(汗)

6.仕上げの磨き

塗装が乾いたら耐水ペーパーやサンドブロックの#3000番あたりの目が細かい

もので塗装面を軽い力で磨きます。

終わったら次は極細のコンパウンドを使って磨きます。

仕上げの研磨作業は強く磨かないように注意してください。

 

取り付けと出来上がり

いよいよグリルを取り付けます!

もともとの純正グリルも外す必要がありましたが、

爪が付いていて単純には外れてくれませんでした。。

GG・GYアテンザでしたら、グリルに爪がついておりますので

上から下に押し下げる感じで力を入れると外せます!

 

そして社外グリルにもう1つ問題が…

なんとバンパーに対して穴あけの必要ができました。

…がクルマに穴空けするのは出来れば避けたいところ。

というわけで金属接着に強い両面テープを使用して対応しました!

 

首都高で走ったりもしますが、穴を空けて固定しなくとも吹っ飛んでいくようなことはなく

しっかり接着できております!

 

全作業を終了して出来上がりがこんな感じ。

ペイントカラーはクルマ本体の純正カラーと同じカラー番号のペイントを使ったとはいえ、

調合したわけではないのでグリルだけ若干色が濃いめです(笑)

それすらも自分でやってやったという達成感が残り、味も出て良い感じになったかな~と思います。

 

ぜひお手頃なカスタムとして挑戦してみてはいかがでしょうか?

人気ブログランキング

 - ,